リウマチ

「リウマチ」といえば、一般的には「慢性関節リウマチ」のことを指すことが多いようです。リウマチは、広い意味でとれば、関節や関節の周りの骨、筋肉などに痛みの症状を起こす病気全般を指すことになり、「リウマチ性疾患」は、200種類にも及ぶと言われています。



「リウマチ性疾患」には、よく知られている慢性関節リウマチのほか、皮膚や内臓など全身に症状が起きる全身性エリテマトーデスや、痛みとともに骨が変形する変形性関節炎、痛みの症状が激しいことで知られる痛風などがあります。リウマチ性疾患は、原因により大きく5つに分類されます。



200種にも及ぶと言われるリウマチ性疾患は、病気の原因によって5つに大別されます。関節や筋肉の痛みというよく似た症状があっても全く違う病気である可能性もあり、治療法は病気ごとにそれぞれ異なることになります。まずはきちんと原因を調べることが大切でしょう。



リウマチ性疾患は、免疫の異常が原因で起こるものや、代謝の異常によるもの、細菌やウィルスの感染によるもの、外傷や加齢による骨・軟骨の変形によるもの、ストレスによる心因性のものなどに分けることができます。原因や特徴的な症状は、病気によってさまざまです。



一般に「リウマチ」といえば、「慢性関節リウマチ」を指すことが多いようです。慢性関節リウマチは、リウマチ性疾患の中の「全身性結合織病」グループに属する病気です。主な症状としては、関節の痛みのほか、皮下結節、血管の炎症、貧血などがあり、症状は全身に及ぶことがあります。



神経痛・リウマチの漢方薬■ロイルック500錠■当日発送(夕方4時までの注文で)







生化学検査 リウマチ(563)【リウマチ単体】【遠隔検診(旧郵便検診)】



慢性 関節 リウマチ

慢性関節リウマチの特徴的な症状は、関節の腫れと痛みです。これらの症状を引き起こす原因となるのは、関節に起きる炎症です。炎症反応というのは、体の組織が傷ついたときにその部分を修復しようとする人間の防御反応のひとつです。慢性関節リウマチでは免疫細胞が自己を攻撃して炎症を引き起します。



関節の腫れや痛みは、慢性関節リウマチに特徴的な症状です。関節全体は関節胞に包まれており、関節胞の内側にある「滑膜」が、関節の動きをスムーズにして栄養を補給する働きをします。この滑膜の部分に炎症が起こると、関節に腫れや痛みが起こることになります。



慢性関節リウマチには、関節の腫れと痛みという代表的な症状があります。関節とは骨と骨をつなぐ部分のことで、全身に68個あります。骨同士がぶつかり合わないように、関節腔と呼ばれる隙間は粘りのある液で満たされ、また軟骨が骨の先を覆ってクッションとなります。



関節胞の内側にある滑膜に炎症が起きると、関節に腫れや痛みを感じるようになります。滑膜の炎症は免疫が自分自身を攻撃することにより起ります。滑膜の炎症が慢性化すると、次第に関節が変形してくることになります。これが、慢性関節リウマチの症状を起こす仕組みです。



慢性関節リウマチでは、関節に腫れや痛みといった症状が起こります。これは滑膜に炎症が起こることが原因で、滑膜の炎症が慢性化してしまった場合には、関節が少しずつ変形してきます。骨の破壊や変形は、一度起きてしまうと元には戻せないので、早期発見が大切です。

リウマチ 初期 症状

慢性関節リウマチの初期症状とは、どのようなものでしょうか?多くの場合、慢性関節リウマチの進行は、とてもゆっくりしたものです。なんとなくだるい、熱っぽいなどの全身症状に加え、体にこわばりが感じられ動きにくくなってきたような時は、慢性関節リウマチが疑われます。



さて、慢性関節リウマチの症状は、どのように進行していくのでしょうか?症状は、体がだるくこわばるような感じから始まり、その後、関節の腫れや痛みが引き起こされます。はじめのうちは、手首や手足の指などの小さな関節に症状が起こることが多く、次第に広がっていくことになります。



慢性関節リウマチは、どのような症状から始まるのでしょうか?何となく食欲がなく、体がだるいというような症状から、慢性関節リウマチは非常にゆっくりと進行していきます。その後、関節の腫れや痛みが起きてきますが、日本人の場合は膝の関節から始まることも多いようです。



慢性関節リウマチの症状は、関節以外にはどのようなところに現れるのでしょうか?「皮下結節」というのは、ひじや膝、かかとなどにできる小さなしこりで、慢性関節リウマチ患者の1割から2割程度に見られます。場合によっては、内蔵にできることもあるようです。



では、関節の腫れや痛み以外に、慢性関節リウマチにはどのような症状があるのでしょうか?血管に炎症が起きた場合は、全身に栄養や酸素が行き渡らなくなり、潰瘍ができたりしびれを感じたりするようになります。また、血管の炎症が原因となって、胸膜炎や間質性肺炎などを起すこともあります。

リウマチ 治療

慢性関節リウマチは、症状の軽快と悪化を繰り返すことの多い病気です。治ったと思っても、何年か経ってから再発するケースがあります。そのため治療は根気よく行う必要があり、医師の指示はきちんと守ることが大切になります。自分の判断で治療を中断するのは、賢明ではありません。



慢性関節リウマチの症状が進行すると、骨が破壊され、手足の指などに慢性関節リウマチ特有の関節変形が起きることになります。変形したままの状態でかたまってしまうことを「拘縮」といい、関節の症状が進むにつれ関節同士をつなぐ筋肉が衰えて日常生活に支障が出るようになります。



慢性関節リウマチの症状に気をつけながら快適に生活するためには、関節にかかる負担を軽くして適度に動かすことが重要です。一つの関節や小さな関節に負担をかけない動作を工夫すると良いでしょう。専用の装具を使って関節を保護するというのも、有効な方法です。



日常生活の中で慢性関節リウマチの症状を抑えるには、関節への負担を減らし、適度に動かすことが大切です。服装は保温力があり体を冷やさないものが適しています。着脱がしやすいものを選ぶのもポイントでしょう。クーラーの効かせ過ぎや、冷たい飲み物にも注意が必要です。



慢性関節リウマチでは、特徴的な症状のほか、炎症のためエネルギーを使うので疲れやすくなるという傾向もあります。自分の動きやすい時間に活動し、休憩を上手にとり、いつも使うものは身近なところにまとめて置いておくなど、できるだけエネルギーを節約する工夫をすると良いでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。